困ったときに使える3つの会話方法

あなたは人と会話をしていて

「なんか話すことが見つからない・・・」

と思うことがないでしょうか?

今日はそんな困ったときに役立つ
3つの会話方法を紹介したいと思います。

今日ここでこの3つの会話方法を覚えておけば、
いざ会話に困ったときに役立つだろうと思います。

逆に、この会話方法を覚えておかなければ、
たとえば好きな人と話すことがなくて、
気まずい沈黙が流れるかもしれません。

好きな人と会話が続かないのは嫌ですよね?

いや、好きな人だけではなく、せっかくなのだから
どんな人とでも会話を続かせたいと思いますよね?

人嫌いな人以外はぜひご覧ください。

・・・・・

では、さっそく困ったときに使える1つめの会話方法。

それは

【もしも○○だったら?という会話方法】

です。

たとえば、

「一日だけ男(女)になれたら何をする?」

「宝くじで1億円当たったら何に使う?」

「明日死ぬとしたら最後の晩餐は何を食べる?」

このように、「もしも○○だったら?」
という仮定の話を相手に投げかける方法です。

この会話方法は非常に会話が盛り上がりやすいのです。

なぜか?

現実の世界ではなく、
空想の世界の話なので、制限がないからです。

自由に、どんな発想でも可能なので、
非常に話が膨らみやすく、会話が盛り上がりやすいのです。

現に、漫才やコントというものは、
ほとんどの場合「こんな変な警察官がいたら?」
「こんな変なコンビニの店員がいたら?」
というところから発想して作られています。

これと同様に会話でも、「もしも○○だったら?」
と会話を設定することで、面白い会話になりやすいのです。

では、2つめの困ったときに使える会話方法。

それは

【ランキングを発表するという会話方法】

です。

たとえば、

「好きな映画トップ3は?」

「好きなアーティストトップ10は?」

「嫌いな男性のタイプのトップ3は?」

このような感じで、相手にランキングを発表してもらうのです。

テレビを見れば「○○ランキング」というものを
見ない日はないほど人はランキングが好きです。

なので、非常に会話が盛り上がりやすいです。

また、「ナンバー3は?」「ナンバー2は?」
「好きな理由は?」など話の展開がしやすいので、
話が続きやすいのもポイントだと思います。

では、最後3つめの困ったときに使える会話方法。

それは

【相手の印象について語り合うという会話方法】

です。

人間が一番興味があるものは何でしょうか?

お金?

恋愛?

趣味?

違います。

自分自身についてです。

ほとんどの人が一番興味あるのは自分のことについてです。

「自分とはどんな人間なのか?」

もっと正確にいえば

「他人からどう見られているのか?」

ということに強い興味を持っています。

なので

「○○さんって天然っぽく
見えるけど意外としっかりしてるよね?」

「○○さんっていつも人からどんな風に見られる?」

このような相手の人から見られる印象や人間性や性格に
関連する話題を振っていくことで、相手は話に食いついてきます。

特に女性にはこの会話方法は非常に有効で

「○○さんって怖そうに見えるけど
面白いところあるよね?」

みたいに振ると

「そうそう!そうなのよ!」

とものすごい食いついてきます。

とても有効な会話方法です。

・・・・・

以上3つの会話方法を紹介しました。

どの会話方法も非常に有効です。

話題に困った時はぜひ使ってみてください。

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ

2012年8月14日 | コメント/トラックバック(0)|

カテゴリー:会話方法

トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ

イメージ画像