会話がうまくなる最強の秘訣

「会話がうまくなりたい」

と悩んでいる人は多いと思います。

私は会話で悩んでいる人を少しでも救いたいと思い
このサイトを運営しています。

しかし、会話がうまくなるためには様々な要素が
必要になるため今日ここで会話がうまくなるための秘訣
詳しく説明することはできません。

だから、体系的に会話がうまくなる秘訣を知りたい人は
右上にあるプレゼント欄から無料レポートを請求してご覧ください。

ここではもう少し内容を絞って

「会話がうまくなるための最強の秘訣は何か?」

と問われたときの、私なりの答えを書いていこうと思います。

・・・・・

シンプルに結論から言ってしまいます。

相手の

【人物像】

に焦点を合わせた会話をすること。

これこそが私が考える最強の会話がうまくなる秘訣です。

なぜか?

それはやはり人間は自分に一番興味があるからです。

いや、自分以外に興味がないと言っても過言ではないでしょう。

ただ、周りの人たちの会話を聞くと、
ニュースの話や天気の話や芸能人の話や、
仕事の話や、食べ物の話などを中心にして話をしています。

もしかしたら、あなたは周りの人が
そういう話題で会話をしているから

「自分もそうしないといけないのでは?」

と、考えているかもしれません。

もちろん、あなたがそれらに興味があればしてください。

しかし、違うのであれば別にする必要はないのです。

ちなみに私はニュースや天気や芸能人の話はほとんどしません。

興味が全くないからです。

しかし、会話で話題に全く困りません。

それは

【人物像】

という最強の会話がうまくいく秘訣を知っているからです。

たとえば、
私は、大人しくてあまりしゃべらない女性が相手だったら

「○○さんってクールそうに見えるけど、泣くことってあるの?」

こんな風に質問をします。

そうすればいとも簡単に相手は自分のことを話し出します。

「○○さんってクールそうに見えるけど、泣くことってあるの?」

「あるよ~!この前映画の予告編で泣いちゃったし(笑)」

「予告編でなって(笑)でも意外だな~。怖いのとかは?」

「怖いのもダメ。お化け屋敷とか絶対に無理!」

「へ~。本当に意外。彼氏がどうしても行きたいっていったら?」

「無理!別れる!(笑)」

もちろんここまでいかない場合もありますが、
多くの場合本当に盛り上がります。

やっぱり人は、自分のことは、自分が一番知っているからです。

相手には「泣く」という
キーワードのネタが山ほど眠っているはずです。

人に話したいネタが腐るほどたまっていることが多いのです。

だから、会話が続き、盛り上がり、うまくいくのです。

この

【人物像】

に触れる話題をしてくださいというのは正直
あまり世間一般では広まっていません。

いや、提唱しているのは、私だけかもしれません。

しかし、私は幾度となくこの方法を試しましたが、
何度やっても必ず会話が盛り上がります。

相手の人物像に触れる会話をしていくと、
相手は目をきらきらさせて
会話に没頭することも少なくありません。

素直に実践してくれたクライアントさんは
同じような結果を出してくれています。

もう少し細かく話をすることも可能ですが、
結論的にするべきことはとてもシンプルです。

【相手の人物像に関連した話題で会話をすること】

だたこれだけです。

「すごくテンション上がる時っていつ?」

「過去一番笑ったのっていつ?」

「子供の頃はどんな子供だった?」

だまされたつもりで一度試してみて欲しいと思います。

そのくらい効果はてきめんです。

ぜひ試してください。

タグ


友達との会話の最重要ポイントを知ってますか?

あなたは友達との会話において
最も重要なポイントを知っていますか?

友達との会話が続かない人などへのアドバイスでよく聞くのは

・友達の話に興味を持って聞く。

・自分の話ばかりしない。

・友達がいやがることは言わない。

などです。

もちろん上記のことは
友達との会話においてとても大切だと思います。

しかし、それ以上にもっと、もっと大切なことがあります。

・・・・・

結論から言いましょう。

友達との会話での最重要ポイント。

それは

【会話のバランスを50対50に保つこと】

です。

なぜ、これが友達との会話において重要なのか?

友達との会話がうまく行かない人、
友達との会話が続かない人は
このバランスが崩れているからに他ならないからです。

前者は、自分の話ばっかりしてしまって、
人の話を聞かない人です。

後者は、自分の話を聞いてばかりで、
自分の話をしないような人です。

友達との会話で悩んでいるのは必ずどちらかに当てはまっています。

だから、友達との会話をうまくいかせるには両者のバランスを取ること。

つまり、友達の話も聞いて、自分の話もすることが
友達の会話においては重要なのです。

これは友達の会話において特徴的と言えると思います。

たとえば、これと真逆になるのはビジネスでの会話。

もう少し具体的には、
営業職などをしている場合でのお客さんとの会話。

お客さんとの会話で重要になるのは、
お客さんの立場になって物事を考えることです。

自分の無駄な話などはしなくてもいい場合も多々あります。

しかし、友達との会話において、
聞き役ばかりだとはおかしいです。

一方的に話を聞いているだけ。

こんなの友達とは言えないと思いませんか?

友達同士の会話であれば
50対50で平等くらいのほうがバランスがいいはずです。

それでこそ、友達同士の会話だと私は思います。

だから、あなたも友達との会話ではバランスを大事にしてください。

「ちゃんと自分の話をしているかな?」

「ちゃんと相手の話を聞けてるかな?」

この2つの質問を常に自分に問いかけて、
会話のバランスを取るようにしてください。

きっと友達との会話がうまくいくようになると思います。

タグ

2012年8月16日 | コメント/トラックバック(0)|

カテゴリー:友達との会話

困ったときに使える3つの会話方法

あなたは人と会話をしていて

「なんか話すことが見つからない・・・」

と思うことがないでしょうか?

今日はそんな困ったときに役立つ
3つの会話方法を紹介したいと思います。

今日ここでこの3つの会話方法を覚えておけば、
いざ会話に困ったときに役立つだろうと思います。

逆に、この会話方法を覚えておかなければ、
たとえば好きな人と話すことがなくて、
気まずい沈黙が流れるかもしれません。

好きな人と会話が続かないのは嫌ですよね?

いや、好きな人だけではなく、せっかくなのだから
どんな人とでも会話を続かせたいと思いますよね?

人嫌いな人以外はぜひご覧ください。

・・・・・

では、さっそく困ったときに使える1つめの会話方法。

それは

【もしも○○だったら?という会話方法】

です。

たとえば、

「一日だけ男(女)になれたら何をする?」

「宝くじで1億円当たったら何に使う?」

「明日死ぬとしたら最後の晩餐は何を食べる?」

このように、「もしも○○だったら?」
という仮定の話を相手に投げかける方法です。

この会話方法は非常に会話が盛り上がりやすいのです。

なぜか?

現実の世界ではなく、
空想の世界の話なので、制限がないからです。

自由に、どんな発想でも可能なので、
非常に話が膨らみやすく、会話が盛り上がりやすいのです。

現に、漫才やコントというものは、
ほとんどの場合「こんな変な警察官がいたら?」
「こんな変なコンビニの店員がいたら?」
というところから発想して作られています。

これと同様に会話でも、「もしも○○だったら?」
と会話を設定することで、面白い会話になりやすいのです。

では、2つめの困ったときに使える会話方法。

それは

【ランキングを発表するという会話方法】

です。

たとえば、

「好きな映画トップ3は?」

「好きなアーティストトップ10は?」

「嫌いな男性のタイプのトップ3は?」

このような感じで、相手にランキングを発表してもらうのです。

テレビを見れば「○○ランキング」というものを
見ない日はないほど人はランキングが好きです。

なので、非常に会話が盛り上がりやすいです。

また、「ナンバー3は?」「ナンバー2は?」
「好きな理由は?」など話の展開がしやすいので、
話が続きやすいのもポイントだと思います。

では、最後3つめの困ったときに使える会話方法。

それは

【相手の印象について語り合うという会話方法】

です。

人間が一番興味があるものは何でしょうか?

お金?

恋愛?

趣味?

違います。

自分自身についてです。

ほとんどの人が一番興味あるのは自分のことについてです。

「自分とはどんな人間なのか?」

もっと正確にいえば

「他人からどう見られているのか?」

ということに強い興味を持っています。

なので

「○○さんって天然っぽく
見えるけど意外としっかりしてるよね?」

「○○さんっていつも人からどんな風に見られる?」

このような相手の人から見られる印象や人間性や性格に
関連する話題を振っていくことで、相手は話に食いついてきます。

特に女性にはこの会話方法は非常に有効で

「○○さんって怖そうに見えるけど
面白いところあるよね?」

みたいに振ると

「そうそう!そうなのよ!」

とものすごい食いついてきます。

とても有効な会話方法です。

・・・・・

以上3つの会話方法を紹介しました。

どの会話方法も非常に有効です。

話題に困った時はぜひ使ってみてください。

タグ

2012年8月14日 | コメント/トラックバック(0)|

カテゴリー:会話方法

このページの先頭へ

イメージ画像