最強の会話ネタ!

「話のネタが見つからない・・・」

多くの人がこの悩みを抱えています。

今日はこれから「会話のネタが見つからない」
という問題を解決する方法を話していこうと思います。

具体的には、誰とでも会話が盛り上がる
最強の会話ネタをあなたに伝授しようと思います。

この最強の会話ネタとは、大げさではなく、
ありとあらゆる会話ネタの中で、
もっとも会話が盛り上がりやすい会話ネタです。

しかも、いつでも、どこでも、誰に対してでも使えます。

例えば、20歳の女性との会話も盛り上げられるし、
80歳のおじいちゃんとの会話も盛り上がれられるのです。

「そんな夢のような会話ネタなんてあるの?」

あるのです。

もちろんあなたは
そんな会話ネタがあるのであれば、知りたいですよね?

今から完全公開しますので、
ぜひ明日から使って欲しいと思います。

・・・・・・

さて、その会話ネタを紹介する前に、
1つあなたに質問があります。

あなたは普段人を会話をするとき
どうやって会話ネタを見つけようとしますか?

これは色々な方法があるとは思いますが、多いパターンとして

【最近起こった出来事から会話ネタを探す】

という方法を取る人が多いのではないでしょうか?

たとえば、

「最近、仕事の調子どう?」

みたいに曖昧な質問から初めて、お互いの
近況などの会話ネタで話を
することが多いのではないでしょうか?」

これはオーソドックスな会話ネタの見つけ方です。

もちろん、これはこれで会話は盛り上がることもあると思います。

しかし、この会話ネタの見つけ方には大きな欠点があります。

それは、

【ごく最近の会話ネタしかないので、ネタが尽きやすい】

ということです。

最近と言えば、まあ長く見ても一ヶ月範囲内でしょう。

私たちの生活において1ヶ月のうちで
起こる出来事などしれています。

当然出来事も限られているので、
いずれはネタが尽きてしまいます。

そして、これこそが多くの人が

「話のネタが見つからない・・・」

と悩む根本原因に他なりません。

多くの人が会話のネタが見つからないのは、
ごくごく最近の出来事の中から
会話ネタを見つけ出そうとしているからです。

もともと会話ネタのさほどないところから、
会話ネタを見つけ出そうとしていることが
多くの場合で、会話ネタが見つからない原因のなのです。

あなたもついつい無意識で

「最近何かあったかな?」

と考えていないでしょうか?

しかし、この原因がわかってしまえば、

「話のネタが見つからない・・・」

この問題の解決策はとても簡単です。

最近の出来事から会話のネタが見つからないのであれば、
もっともっとさかのぼって会話ネタを探せばいい。

端的に言えば

【過去を振り返って話題を探せばよい】

のです。

そうすれば、会話ネタが見つからないと
悩むことはなくなるのです。

なぜなら、たとえ20歳の人であっても、
20年分の話題があるのです。

20年分の話題と1ヶ月間の話題。

比べるまでもないでしょう。

そう、ごく最近ではなく、過去の出来事から
話題を探すように意識するだけで
会話ネタが見つからないということは避けることができるのです。

・・・・・

しかし、ここで多くの人から2つの反論が上がります。

1つめは

「自分は人生経験が少ないので、
面白い過去の話がありません!」

そして

「具体的にどうやって過去の話をすればいいの?」

です。

順に解説していきたいと思います。

「自分は人生経験が少ないので、
面白い過去の話がありません!」

という反論。

これは説明しても納得してくれないかもしれませんが、
面白い過去の話がないというのは思い込みです。

過去のトラウマなどで、
自分でそう思い込んでいる可能性が高いです。

いざ実践してみると、

「実は面白い会話ネタたくさんあった」

と感じてもらえると思うので、
ぜひ積極的にチャレンジして欲しいと思います。

あと、別の視点からアドバイスをすると、
過去の話をするのは単純にネタが豊富なだけではありません。

過去の話は

【共感を生みやすい】

がためにうという側面もあります。

私たち日本人は義務教育で育っています。

なので多少年代が違っても、
遠足、夏休み、入学式、運動会などなど
多くの人が同じような経験をしています。

同じような経験をしているということは、たとえば

「家に帰るまでが遠足ですよ!って言われんかった?」

「うん、言った言った」

と言う感じで共感できることが多いのです。

なので、あなたにネタがなくても
過去の話をすること自体の価値は感じてもらえるかと思います。

では、次の

「具体的にどうやって過去の話をすればいいの?」

について。

これは単純に周りの目についたものから連想して考えてください。

たとえば、電車に乗っていて田んぼが目に入ったら

「子供の頃の田んぼの思い出って何かあるかな?」

と考えるのです。

私なら

「おたまじゃくしとか、虫とか取って遊んでたな」

と思い出します。

そしたら、相手に質問します。

「子供の頃、田んぼで遊んでた?」

相手が遊んでいたのであれば、
その思い出について語ってくれるでしょう。

そして、自分も語ればいいのです。

別に難しくありませんよね?

・・・・・・

過去の話を意識するようにすれば、
本当に会話のネタは尽きなくなります。

そして、過去の話は盛り上がりやすいので、
会話が続きやすくもなります。

私はありとあらゆるネタを考えてきましたが、
過去の話が最強の会話ネタであると思います。

少々概要的な話になりましたが、

「過去の話をしよう」

と考えるだけで、会話ネタの範囲は
かなり広がることは事実だと思います。

ぜひ意識して欲しいと思います。

タグ

2012年8月12日 | コメント/トラックバック(0)|

カテゴリー:会話ネタ

このページの先頭へ

イメージ画像